テールガットについて

先日いつもの癖でネット上の楽器屋さんを彷徨ていると、すこぶる評判の良いテールガットを発見しました。

いえいえ別に特別なものではなく、ウィットナー社のステンレステールガットです。

いままでお仕着せのもの、いわゆるガットにビニールをかぶせたものに比べると非常に細く、接地面も硬く表面積が低いものです。

現在整備中の楽器に取り付けました。

しかし整備中なためすぐに音を出して聞けないのが泣き所です。

同じ条件下で聴き比べ・弾き比べをしていないので今のところ評価はできませんが、その堅牢たることすさまじいです。

テールピースの裏側で本来漁師さんが釣り糸を結ぶようにきっちりと結ぶのがこのテールガットなのですが、今までのお仕着せのものはプラスチック的な素材に雄ねじの加工がされていて、それに雌ねじのピースを通すことによって固定されていました。

今回は素材がステンレスですので、雄ねじ・雌ねじ共に鋼鉄製になります。

私は頭が古いので、何となくの先入観からアコースティックな楽器にプラスティックが使用されるのに違和感を感じます。

賢明な読者諸氏は「肩当てはゴムとプラスティックを使ってるだろう」と言われるでしょう。

その通りです。

でもね、自分が愛しているアコースティックマシーンが何らかの手を加えることによって、より自然に鳴り響く可能性があるならば、試してみたいんですよ、馬鹿親父だから。

音にどのような影響が出たかどうかは、あとで必ずご報告いたします。


向かって左がお仕着せガット。右が取りつけたステンレスです。
なんか汚れててすみません。
DSC_0029.jpg




イラスト 篠塚ヴァイオリン教室は生徒さんを募集しています。
また、オケの指導やコンマス・エキストラの依頼も受け付けております。
ご興味がございましたら
ys.violin.info★gmail.com(★を半角の@にしてください)
までメールをいただくか
左記【メールフォーム】よりご連絡ください。
皆様とお会いできること、楽しみにしております。

ブログランキングに参加しています。
お気に召しましたら1クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ 人気ブログランキングへ


2013/02/22 (Fri) 12:08 |Blog

プロフィール

プロフィールは こちら
teitterは こちら
facebookは こちら

アクセス

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
お気に召しましたら、
1クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

人気ブログランキングへ

クリックいただけますと
管理人が頑張れます(笑)

演奏会日程

2014.06.13(金)
第3回ソロリサイタル
~スペインの夜~

2015.02.13(金)
第4回ソロリサイタル

NEWS

2011.10.25
Twitterはじめました。こちら からフォローお願いします。
2011.10.18
ブログランキングに参加しました。
2011.9.25
ブログ開設しました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR