男が物心つく時とは。

息子がバレーボールを始めました。

理由は単純で、彼の悪事が私の逆鱗に触れたからです。

小学校4年生という時期は、私にとってはとても思い出深い年代です。

私自身物心ついたとはっきり自覚したのが小4でした。

きっかけはそう、あれは2学期が終わる頃でしたか、担任の先生が私を放課後教壇に呼び出してこう言ったのです。

「あなたは私が思っていたよりもずっと良い子でした。あなたのお兄さんとあなたを比較して、色眼鏡で見ていたことを謝ります。」

兄は非常に成績の良い好青年で、私は当時いつも兄と比較されては苦い思いをしていました。

その時生まれて初めて、面と向かって大の大人が、まだ子供の私に率直に謝ってくれたのです。

さらにその上に、彼女が自分を評価してくれていると言ってくれたのです。

その出来事は私にとって非常な驚きであり、逆に自分の未熟さを再認識する機会を与えてくれました。

その時私は自分自身が動物から人間になった気がしました。

うまく言えないのですが、社会に認められたというか。

親に守られて甘え切っていた私は、自分の人生なのにまるでお客さんのように生きていましたが、その時からお客さんから当事者に変わったと、要するに自覚したわけです。

箸にも棒にもかからない泣き虫だった私に、それから驚く程友達が出来始め、私も自分の意見を自然に言えるようになりました。


今その過渡期が息子に来ています。

彼の目を見ていれば彼が未だ「お客さん」から「当事者」になっていないことは簡単にわかります。

行動もそれは無責任なものになりがちです。

2次成長期の微熱状態とは全く違う、「異常に狭い視野から来る自分勝手な思い込み症候群」とでも申しましょうか。

彼は5月に大変私を怒らせる事をしてしまいました。

私は熟考した上で、彼にスポーツをさせることにしました。

彼が経験したことがなくて、極めて厳しいスポーツ。

要するに彼が悪いことを考える暇を与えず、加えて持て余しているエネルギーの放出先を与えるわけです。

サッカーは大好きだからダメだし、バスケは時間が合うチームがないし・・・そこで市のスポーツ少年団を当たってみました。

素敵なチームがありました。

2年連続で全国大会に出場している小学生バレーボールチームです。

早速連絡をとって見学に行きました。

メンバーは12人。

なんとそれしかいないのか。

練習は週4日。

これは望むところ。

練習はというと・・・超が付くほど厳しい監督にトレーナー。

暑い体育館でマスクを着用して練習するメンバー。

これはすごい。

すぐに入団を決め、毎回の練習に私も出来るだけ参加します(見学)。

息子は最初からあたかも水を得た魚のごとく全力で練習に参加して、1ヶ月後にはあんなに嫌がっていた坊主頭に自ら望んでなり、ベンチには入れないながらも試合では大声で応援するようになりました。

そしてついに県大会で優勝。

今年もチームは全国大会に出場することが決まりました。

3年連続とはすごいことです。

裏方でものすごく頑張っている親たちの苦労が報われたわけです。

親は全員大号泣でした。


さて息子ですが、今となってはバレー大好き少年になりましたが、困ったことに未だに物心はついておりません。

夏が終わる頃には成長した彼がみられますように。

心から願う今日このごろです。



イラスト 篠塚ヴァイオリン教室は生徒さんを募集しています。
また、オケの指導やコンマス・エキストラの依頼も受け付けております。
ご興味がございましたら
ys.violin.info★gmail.com(★を半角の@にしてください)
までメールをいただくか
左記【メールフォーム】よりご連絡ください。
皆様とお会いできること、楽しみにしております。

ブログランキングに参加しています。
お気に召しましたら1クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ 人気ブログランキングへ


2014/07/20 (Sun) 04:01 |Blog

プロフィール

プロフィールは こちら
teitterは こちら
facebookは こちら

アクセス

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
お気に召しましたら、
1クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

人気ブログランキングへ

クリックいただけますと
管理人が頑張れます(笑)

演奏会日程

2014.06.13(金)
第3回ソロリサイタル
~スペインの夜~

2015.02.13(金)
第4回ソロリサイタル

NEWS

2011.10.25
Twitterはじめました。こちら からフォローお願いします。
2011.10.18
ブログランキングに参加しました。
2011.9.25
ブログ開設しました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR